ETCカードの割引

ETCカードを減らす!食事ガイド

ETCカードを利用すると、各種有料道路の涼気割引サービスを受けることができます。

ETCカードTOP > 割引

ETCカードの割引制度

ETCカードの最大のメリットは、各種割引サービスを受けられるところです。

ETCを利用すると、利用時間帯や利用頻度によってさまざまな割引が適用となり、通常の料金よりもお得な値段で有料道路を利用することができます。

割引制度は利用する有料道路によって異なっているので、事前に詳細情報をチェックするようにしましょう。

ここでは、主なETCカード割引制度を紹介します。

早朝・夜間割引

大都市近郊区間(東京・大阪など)を含む100km以内の区間を早朝・夜間に利用することで受けられる割引サービスです。

適用時間は22時~翌6時までの間となり、この時間帯に入口料金所または出口料金所を通過した場合、通常料金よりも50%割引となります。

100kmを超えた場合、割引は適用されないので注意が必要です。

深夜割引

NEXCO3Sやの対象道路を0時~4時の時間帯に利用すると50%割引になるサービスです。

対象時間をまたぐ走行にも割引制度が適用されるのが特徴で、たとえば入口料金所を19時に通過し、出口料金所を翌7時に通過しても割引対象となります。

休日特別割引

休日にNEXCO3Sやの対象道路を走行すると、軽自動車等または普通車限定で走行料金が割引になる制度です。

地方部と大都市近郊区間では割引内容が異なっており、地方部の場合は終日50%引き

ただし上限が1000円となっており、割引後の料金が1000円を超える場合は一律1000円料金となります。

一方、大都市近郊区間は上限1000円の対象外となっており、6時~22時までの利用は30%引き、0時~6時または22時~24時までの利用は50%引きとなっています。

ちなみに、ゴールデンウイークやお盆期間中、年末年始など、大型連休前後は平日でも特例として割引対象になることがあります。

平日昼間割引

平日の昼間に対象道路を利用した場合に走行料金が割引になる制度です。

Nexco社と本四高速でそれぞれ実施しており、Nexco3社では平日6時~20時の間に入口または出口料金所を通過した場合、対象道路100km分が30%引きになります。

一方、本四高速では平日9時~17時の間に入口または出口料金所を通過した場合に30%引きとなります。

通勤割引

大都市近郊区間をのぞいた高速国道と東海環状線で適用される割引制度です。

6時~9時または17時~20時の通勤時間帯に入口または出口料金所を通過した場合、100km分が50%引きになります。

ちなみに、100kmを超えた分に関しては割り引き対象外となりますが、100km分までは割引が適用されます。

ETCマイレージサービス

ETCカードを利用すると、利用額に応じて一定のポイントが付与されるサービスです。

対象道路は東・中・西日本高速道路のほか、本四高速や阪神高速道路などが挙げられます。

ポイントの累計数に応じて無料通行分に還元することができ、実質割引となります。

マイレージサービスを受けるにはあらかじめ登録が必要となります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ETCカードの比較ランキング All Rights Reserved.