ETCの利用方法

ETCカードを減らす!食事ガイド

ETCは全国で規格が統一されているため、いろいろなシーンに対応しています。

ETCカードTOP > 利用方法

ETCを使い分けよう

ETCで利用するETCカードやETC車載器は、クレジットカード会社やメーカーによってさまざまな種類が提供されています。

しかし、ETCは無線通信および料金収受にかかわるすべての規格を統一されているため、どんな車載器またはカードを利用しても、同一のサービスを受けることが可能となっています。

そのため、ETCはシーンに応じて利用方法を変えられる便利なサービスとなっています。

ETCの利用方法

1枚のカードを複数の車で利用する

ETCカードとETC車載器の規格は全国的に統一されているため、ETCカードとETC車載器の組み合わせに可否はありません。

そのため、ETCカードを一枚持っていれば、どんなETC車載器も利用することが可能となっています。

たとえば、自分のカードを使って他人のETC搭載車を利用することもできます。

この場合、走行料金はカードの所有者に請求されるため、料金トラブルが発生する心配はありません。

1台の車両で複数のETCカードを利用する

ETC車載器は一度登録するとその登録車でしか利用できない仕組みになっています。

しかし、ETC車載器自体は持ち主を限定しているわけではないので、誰がどんなETCカードを使用しても利用可能となっています。

そのため、自分が利用するのはもちろん、友人に貸すことも可能です。

また、社用でマイカーを利用する場合、会社のカードを使用すれば高速道路の経費は直接会社に請求されるため、後で経費申告をする必要がありません。

ETCカード未対応の場合

ETCは全国で展開されているサービスですが、中にはETCが整備されていない料金所もあります。

その場合、料金所でETCカードを提示すれば、ETCレーンを通ったときと同じように処理されます。

ちなみに、入口と出口のどちらかがETCカード未対応だった場合では、やや対応が異なります。

入口が未対応だった場合

入口では通常どおり通行券を受け取ります。

その後、出口の料金所にて、通行券とETCカードを一緒に提示し、処理するようになります。

このとき、出口でETC専用レーンを通過することはできないので注意が必要です。

出口が未対応だった場合

入口ではETC車載器にETCカードを挿入し、ETC専用レーンを通過します。

その後、出口の料金所にて、ETCカードのみを提示し、処理してもらいます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ETCカードの比較ランキング All Rights Reserved.