ETC車載器の種類

ETCカードを減らす!食事ガイド

ETC車載器には、形状によって2ピース・3ピース・ビルトインなどの3種類にわかれています。

ETCカードTOP > 種類

ETC車載器とは

ETCを利用するには、ETCカードの他に『ETC車載器』を準備する必要があります。

ETC車載器には、料金所と無線通信を行う機能がそなわっており、ここにETCカードを挿入することで、自動料金収受が可能となっています。

逆に言うと、ETCカードだけを持っていてもETCサービスを利用することはできず、ノンストップ通行できないのはもちろん、ETC限定の割引サービスを受けることもできません。

ETC車載器はカー用品店などで購入することができ、さらに登録手続きを済ませることで利用できるようになっています。

ETC車載器の種類

ETC車載器は形状や取り付け方によって『2ピースタイプ』『3ピースタイプ』『ビルトインタイプ』の3種類にわかれています。

2ピースタイプ

最もスタンダードなETC車載器です。

料金所と無線通信を行うアンテナとETCカード挿入部が一体となっており、ダッシュボードの上などに取り付けることでETCサービスを利用できる仕組みになっています。

本体とETCカードの2つだけ必要なことから、2ピースタイプと呼ばれています。

3ピースタイプ

2ピースタイプの本体部分からアンテナだけを分離させたタイプです。

小型のアンテナ部分だけを通信状態の良い部分(ダッシュボード上など)に設置すれば、車載器本体はどこにでも設置することができます。

そのため、2ピースタイプよりダッシュボード上が見やすく、スマートになります。

ビルトインタイプ

自動車本体にあらかじめETC車載器が搭載されているものです。

自動車を購入する際のオプションとして扱われており、ETC車載器の設置場所は自動車メーカーによってあらかじめ決まっています。

後付けタイプに比べて外観がスマートであり、自分でETC車載器を購入しにいく手間が省けるところが特徴となっています。

その他

近年のETC普及にともない、現在ではETC車載器にさまざまな機能を付帯させたタイプが販売されるようになりました。

中にはカーナビと一体になっている高機能なETC車載器も販売されており、カーナビもETC車載器もほしいという方から人気を集めています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ETCカードの比較ランキング All Rights Reserved.