ETC導入までの流れ

ETCカードを減らす!食事ガイド

ETCを導入するためには、ETCカードの作成とETC車載器の購入およびセットアップが必要です。

ETCカードTOP > 導入

ETC導入までの流れ

ETCを導入するためには、『ETC車載器』と『ETCカード』の2つが必要となります。

ETC車載器は実際に車に取り付けて使用するもので、これがないと料金所との無線通信を行うことができません。

一方、ETCカードはETC車載器に挿入して使用するもので、ETCを利用した際、支払いデータを記録することができます。

ETCはこの2つのどちらかが欠けても利用することができないため、まずはETC車載器とETCカードを入手する必要があります。

ここでは、ETC導入までの流れを順を追って説明します。

1.ETCカードを入手する

購入当日から使えるETC車載器に対し、ETCカードは発行まで時間がかかるため、まずはETCカードの申し込みから始めましょう。

ETCカードはクレジットカードの一種なので、作成するにはクレジットカード会社の審査を受ける必要があります。

審査基準はクレジットカード会社によって異なりますが、原則として、18歳以上であること。また、安定した収入を得ていることが条件となっています。

ETCカードの申し込みはオンライン・郵送のどちらでも申し込むことができます。

2.車載器を購入する

ETCカードが届いたら、次はETC車載器を購入します。車載器はディーラーのほか、カー用品店などで購入することができます。

ETC車載器にはいろいろな種類があり、お好みに応じて選ぶことができますが、どんな車載器を選んでも取り付け後、指定のセットアップ作業を行う必要があります。

車載器はただ車に取り付けるだけでは作動しないので、車載器を購入したら、その場でセットアップ作業も同時に行っておきましょう。

3.車載器のセットアップ

車載器のセットアップは専門店で行いますが、店によってオンラインセットアップオフラインセットアップの2種類の方法が採用されています。

オンラインセットアップの場合、セットアップに必要な情報を暗号化し、オンラインで情報発行元(ORSE)に送受信します。

そのため、手続きが非常に迅速で、ETC車載器を車に取り付けている間にセットアップを完了させることができます。

一方、オフラインセットアップの場合、セットアップ情報の伝達をFAXや郵送でやりとりするため、セットアップ完了までおよそ1週間かかります。

よって、すぐにETCを利用したい場合は、オンラインセットアップを行っている店舗を選ぶようにしましょう。

ETCを利用するための費用

ETC車載器のセットアップが終われば、あとはETCカードを挿入するだけですぐにETCサービスを利用できるようになります。

では、ここまでの流れで、一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

まずETCカードですが、クレジットカード会社によって年会費が発生するものがあります。

ただ、現在は年会費無料・ETC発行手数料無料のところが多く、たいていは費用の負担なく発行することが可能となっています。

ETC車載器の値段も機種によってピンキリですが、安いものであれば1万円程度で購入することができます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ETCカードの比較ランキング All Rights Reserved.