ETCカードの種類

ETCカードを減らす!食事ガイド

ETCカードには、分離型と一体型の2種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

ETCカードTOP > 種類

ETCカードはクレジットカードがおすすめ

ETCカードには、クレジットカード会社が発行する『ETCクレジットカード』と、高速道路6社が共同発行している『ETCパーソナルカード』の2種類があります。

このうち、ETCパーソナルカードはクレジットカード契約をせずにETCを利用することが可能ですが、デポジット(預託金)や面倒な手続きが必要なことから、あまり普及していません。

そのため、現在発行されているETCカードのほとんどはETCクレジットカードとなっています。

ちなみに、ETCクレジットカードにも形態によって種類が2つにわかれており、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

ETCカードの種類

クレジットカード会社が発行するETCカードには、『分離型』と『一体型』があります。

分離型カード

分離型とは、クレジットカードとETCカードがそれぞれわかれているカードのことで、ETCカードそのものにはクレジット機能が付帯されていません。

そのため、万が一盗難に遭っても被害を最小限にとどめられるほか、再発行にかかる期間も短いというメリットがあります。

ただし、クレジットカードとETCカードを2枚管理しなければならないという欠点があります。

ちなみに、ETC料金はクレジットカード利用分として一括請求される仕組みになっています。

一体型カード

クレジットカードとしての機能とETCカードとしての機能を一体化したETCカードです。

ETC車載器に差し込んでETCカードとして利用できるのはもちろん、通常の買い物などでクレジットカードとして利用することも可能となっています。

一枚で2役を担っているので非常に便利ですが、その一方、ETC車載器に差しっぱなしにして盗難に遭った場合、分離型カードよりも危険性が高いというデメリットがあります。

また、再発行に関しても、クレジットカードとして扱われているぶん、分離型よりも発行手続きが面倒という欠点が挙げられます。

ETCカードを作るには

ETCカードは分離型・一体型問わず、クレジットカードを作ることが前提となっています。

そのため、ETCカードを作る際は、クレジットカードを作る場合と同様、クレジットカード会社の審査を受けることになります。

審査の基準はクレジットカード会社によって異なりますが、一般的に、国内在住の18歳以上(高校生不可)であり、なおかつ安定した収入を持っていることが基本条件となっています。

ただ、分離型カードの場合、もともと対応するクレジットカードを保有していると、審査なしにETCカードを発行してもらえます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ETCカードの比較ランキング All Rights Reserved.